ITパスポート試験とは


ITパスポート試験とは
ITパスポート試験というのは、2009年、情報処理技術者試験の大改革につれて、新規レベル1のテストとして設立されたものである。

現在、情報技術はすでに国また社会の基盤になった。利用者側、開発者側に関わらず、情報技術の基本的な知識は職業人にとって身につけるべきことである。

ITパスポート試験は、一人前の職業人として掌握すべき情報技術の基礎的な知識を測定するテストであって、「企業のコンプライアンス改善に助けとなる基礎知識」、「ネットワーク社会における安全な活動を保障するための基本的な知識」、「情報技術の知識を運用しAdded valueを作り出す視点」が要求される。

今後、ITパスポート試験は、情報技術関係の職やシステム関係の職をやりたい人だけでなくて、このような役を務めている人も基本知識を固くさせるための、また事務職の人にとって受かるべき試験である。

(テスト範囲は技術系、戦略〈系〉、また管理系を広く覆っている)


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED