mcas 受験者数がだんだん増えていく


mcas 受験者数がだんだん増えていく
 「Microsoft Certified Application Specialist」の略語としてMCASが2007オフィス システム(Office system)から変わった名称ですが、資格は全然変わっていません。現状では、国内で累計受験者数が200万人に達したMOS(Microsoft Office Specialist)に比較したら、1/10の比率でMCASの受験者数はかなり少ないですが、これから、だんだん増えていく見込みがあります。

  MCASのテスト科目はオフィスを含めるだけではなく、「Windows Vista for Business Worker」と言う科目も設ける予定です。このWindows Vistaの使い技術力に関する科目は2008年の春に始まるということです。それに、MCAP(Microsoft Certified Application Professional)テストも 2008年秋にスタート予定です。これは、MCASよりもっと上に位置付けられる資格です。

  各アプリケーションにより使い技術力を認定するMCASのテストに対して、複数のアプリケーションを組み合わせて1つのシナリオが行われる課題はMCAPテストの特徴と言えるでしょう。シナリオについての例を上げると、Accessを通してデータベースから得たデータをエクセルで計算して、この結果の上にPowerPointで資料を作成すると言うことです。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED