MCPと拡張子の定義


MCPと拡張子の定義
MCPとは

MCPとはグローバルな共通資格で、主にMicrosoft製品の実践的スキルと関連知識を認定します。MCPは複数科目を設置しているけれど、もし、1つ科目を合格すれば、MCPとして認定されます。

試験科目については、Microsoftのサーバー・プロダクトの運用管理スキルやネットワーク・セキュリティのセッティングをカバーするほかに、ディレクトリ・サービスのセッティングからデータベース・プログラムのスキルなど、さまざまな領域に及びます。いったん資格認定者になると、認定資格証明書とIDカードを貰えます。しかも、テクニック教育、セミナー、特別イベントなどへの特典を獲得できます。

記:試験は毎日(日曜日を除外)で行います。受験者は、MicrosoftのWebサイトへアクセスして申し込みできます。

拡張子とは

拡張子というのは、データ・ファイルのフォームをアプリケーションを照合させるために応用される記号です。OSとアプリケーション・ソフトでデータ・ファイルを扱うために必要となります。

ファイルに与えられたファイル名の後ろには、ピリオド( . )が打たれ、3文字から4文字ぐらいのストリングが続きます。該当ストリングが拡張子です。例を挙げて、「file.txt」というファイルの「txt」部分が拡張子です。それが拡張子であることを端的に示すため、ピリオドを含めた「.txt」までを表記する場合も多いです。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED