LPIC Level2に合格したいならこれらの物を備えべき


LPIC Level2に合格したいならこれらの物を備えべき
LPICレベル2試験で合格するための教材は様々な会社から売り出される。

その中で、インプレス問題集(黒本)と翔泳社LPIC教科書(茶本、暗赤色)を選ぶのは、だんだん主流の選択になっている。

80%を超える受験者が前述の2冊を購入する。

黒本、茶本だけでなくて、自分に適合する問題集やWEBの問題集も取り入れることがある。

黒本と茶本だけ使うと合格できると思うが、LPICレベル1と同じように"本質"を理解していなければ点数を確実に取られない。

とりあえず実機で操作するのは、大変重要なことだ。

TCP / IPの解説のようなネットワーク関連の本なども読んだほうがいい。 役たつことができる。



LPICレベル2に対応する学習ソフトウェア

LPICレベル2に対して、すばらしい的中率を持っているクラムメディア問題集はまだ出版されていない。

その中でやはりiStudyは最善の学習ソフトウェアで、使用者も多いし他のIT試験でも評判がいい。

自分の欠点を発見したり、正解率の上げ具合を直観的に確認できるのは、学習ソフトウェアの利点だ。

取点の増やし上げにつれてやり気もどんどん湧いてくる。

サポートの期間内に、メールでサポートを受けられるのも頼りになって安心だ。

ちなみに学習ソフトウェアを購入するとすぐ使えるのは、ダウンロード販売の形式を採用しているからだ。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED