LPICの試験問題について


LPICの試験問題について
根本的には、教科書だ。問題集は、教科書を補完する道具だ。

LPICには、教科書のチョコ本をちゃんと勉強していけば、合格できると言われる。

しかし、教科書を丸暗記することやシミュレーション試験をやることばかりで、試験に合格するのは、不可能だ。なぜかというと、関係の問題はあまり出ないようからだ。これは、実際にLPIC試験を一回だけ試すとすぐわかることだ。

それでは、どのような問題はLPIC試験で出るか?

それは、実践に傾いて応用問題を重視する。

たとえば、ある問題が起きたと仮定して君をLinuxマシンのアドミニストレーターに位置する。

その際に、問題解決の手ががりになるためにどのようなログを見たら正しいか?

というような問題が出題される

LinuxOSのログだけといわれれば、たぶんsyslogと直接に答えられるが、前述の問題のように問われたら、試験の緊張感を伴って、答えられないようになるかもしれない。(述べた例は簡単かもしれないが)

この解決方法によって、教科書だけではなくて、LPIC問題集も皆さんに推薦する。

理由は、LPIC教科書の問題が少ないし、易しいだから、何回やっていると答えをすべて暗記している。真に自分の実力で答えられるかどうか、とまったく確信できない。

  確か知識を掌握するために、角度を変えて問題を解決する必要がある。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED