CCENT試験時間配分の感想


CCENT試験時間配分の感想
CCENT試験時間配分の感想

日本では2007年12月からCCENTという試験が新たに導入されました。CCENT認定の有効期限は三年間です。2002年CCNA(640ー507)を得ましたが、期限を失効しています。もう一度、技能を高めるためのチャレンジチャンスです。 ICND1だけの分でも、数年前よりはるかに困難になったと実感しました。書籍の厚さでどことなく思ってました。

徹底攻略の書籍をざっと読んでから、Ping - tの無料問題をあらましやります。はっきりいえないが、ちょっと危ない感じがしますので、暇問の有料問題を買って、時間を見つけては解いてました。三週間ぐらいやったと思います。

とにかく時間配分がちょっと難しいと思います。シナリオ問題やシュミレーション問題が前半から中盤にかけて問題が出て、時間を大幅に消費し、問題が半分ぐらいやったときに残り時間が半分を切っていたので、後半は緊張しました。結局のところ、6分ぐらい残ってましたが、ドキドキでしだ。

最後の問題を終わって、終了ボタンを押す時は手が震えました。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED