SJCP 申し込みの流れ


SJCP 申し込みの流れ
SJCPアプリケーションの流れ

・SJCP試験の前提

ありません。誰でも参加することができます。

・SJCPテストのコンテンツ

テストの内容は、Javaのベーシックな問題などです。すべてマークシート形式のテストです。

・SJCPは難しいですか

簡単なテストです。 Java初心者にとって、少し勉強の必要がありますけど、数週間でしっかり勉強すれば、いい成績を取れます。

とはいいながら当惑している問題がありますので、エクササイズを解いて練習すれば、良くなるだろう。

・SJCP試験の流れ

1、チケット購入

最初、試験のためのチケット(バウチャーチケットと呼ばれます)を購入しましょう。SUMのホームページで購入することができますけど。楽天で購入するとSUMの定価よりも安く購入できます。

2、申し込み

この資格は、Sunにアプリケーションするわけではなく、アールプロメトリック社というIT関連の資格受験をまとめている別企業に許されています。アプリケーション時に、さきほど購入したバウチャーチケットの番号や有効期限を入力する必要があります。

テストの場所は日本全国内にある上で、テストはいつでも実施されているので、都合がいい時で試験が参加できます。ただし、試験希望日の3日前までにアプリケーションを行う必要があります。

3、SJCP試験

アプリケーションの会場に行って、試験を参加します。この試験はPC上で行うマークシートスタイルのテストです。試験は終わったあと、すぐに合格か不合格の試験結果が知ってます。また、合格したら、ここで合格のスコアシートをもらいました。このスコアシートはSJCD資格受験時に必要なものですので、絶対に紛失しないでください。

4、SJCP証明書の受け取り

SJCP試験した後、合格したら、アールブロメトリックに登録した連絡先に、二週間くらいで証明書は手に入れます。この時点で、晴天に、SJCD試験の資格を取得することができます。

・SJCPおすすめの対策の書籍

次のいずれか(絶対安全であれば二つの本)をしっかり練習すれば、絶対に問題がないでしょう

徹底攻略Java2 SJC-P Platform1.4対応(ITプロITエンジニアのための徹底攻略)(単行本)

SUNテキスト Sun Certified Programmer for the Java2問題集 Exam(310〜035)(Skill-up text-sunテキスト)(単行本)

相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED