ccie合格者ー「シスコ認定技術者」の価値


ccie合格者ー「シスコ認定技術者」の価値
ccie合格者ー「シスコ認定技術者」の価値

IPネットワーク分野でナンバーワンの認定資格

「CISCO認定テクニシャン」の値打ちとは何ですか?

------------------------------------------------------------------------------------------------------

インターネットで通信できるように、TCP/IPというプロトコルが欠かせないことは、最近は世間に知られるようになりました。このプロトコルで通信できるように利用したメインな通信機器がルータと呼ばれます。そして、CISCO社はルータ分野での市場シェアNO.1です。

CISCO社が関連認定資格を実施しています。IPネットワーク分野でのNO.1として、資格関連の資料を本屋から買えば、簡単な説明しか入手できないことには意外です。そこで、CISCO社の認定テクニシャンのジャンル、長所、難易度などさまざまな角度からこの資格について検討してみました。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

テストのあらすじ

CISCO認定テクニシャンのテストは、受験者を集中して会場で実施されますが、パソコンを利用した電子テストとのことで、特定の資格以外、合格可否は現場で分かります。

受験料は15000-30000円です。

具体的な合格率を入手できなくてわかりませんが、周りのネットワークテクニシャンたちの話によりますと、普段ルータネットワークの業務を担当している者にとっては、CCNAは簡単に取れるようです。しかし、CCIE、一番上位の認定資格として、結構難しいと言われています。

各種のテストには、それ相応の練習授業も行われて、一般的なことは、授業に出てからテストを受けます。

また、テスト一つだけを受ければ取れる資格と、何個のテストが必要とされるのもあります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------

CISCO認定テクニシャン資格のジャンル

レベルが三つのクラスに分けられます。入門クラスのアソシエイト、それでプロフェッショナル、エキスパート、段々難しくなっていきます。ネットワークサポート、ネットワークデザイン、コミュニケーション&ビスの各業界において、それぞれ3つのクラスに対して資格が設けられる予定と思われます。といっても、今のところ、ネットワークサポートの「ルーティング&スイッチング」というカテゴリのみは3つのクラスが整っています。

締めくくると下記の表通りです。



 

認定資格のあらすじ

CCNA(Cisco Certified Network Associate)

スモールスケールな正式HPのセッテイング・運用を実施することができます。

CCDA(Cisco Certified Design Associate)

スモールスケールな正式HPをデザインすることができます。

CCNP(Cisco Certified Network Professional)

ネットワークに対して詳しいし、広い範囲なプロトコルのセッテイング・運用を実施することができます。

CCIP(Cisco Certified Internetwork Professional)

ネットワークにおけるハイスキルを有し、IPマルチキャスト・IP電話などさまざまな技術を隅から隅まで理解しています。

------------------------------------------------------------------------------------------------------

各テストの受験資格と有効期間

CCNAてすとには受験資格なんて特にないですが、他の資格には受験資格が要求されています。一般的な場合、一つ下の資格を持っていることが資格になっています。

それに、各テストには有効期間が設定されることがITベンダー資格の特徴と言えるでしょう。ネットワーク分野は更新スピードが速いと言うわけで、現在の技術が数年後には時代遅れになってアウトされる場合もありますから。

有効期間内に適切な時期に再認定テストを受けてパスするか、もっと上位の資格を取らないと失効になります。

再認定テストにも二通りあります。同じテストもあったら、別のテストの場合もあります。

      受験資格 有効期間

CCNA 特になし 3年間

CCDA 絶対な話ではないが、CCNA認定を先にとっておくことが強く希望されている 3年間

CCNP CCNA資格認定 3年間

CCIP 絶対な話ではないが、CCNA認定を先にとっておくことが強く希望されている 3年間

CCIE 2年以上の業務経験有し、CISCO社の製品を取り扱い、トラブル解決経験を持ったほうがいい。1年内に実技テストを受講しなきゃ失効する

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

CCIE に関する

この認定資格の取得は結構難しいと言われます。テストは3時間100問の上で、問題は全部英語というところは何よりの難点でしょう。

CISCO社世界的な資格ですから、英語テストもおかしくはないと言っても、英語圏外のテクニシャンにとってはやっぱりきついかもしれません。このためか、世界中で約6000人の資格取得者の中に、日本人はただの300人しかいないようです。だからこそ、日本でこの資格取得者は極めて珍しいから、重視されていると言わないとなりません。

私は、一人だけ知っていますが、東京工業大学出身のやり手で、ネットワークテクニシャンとして10年以上の業務経験を持ち、今アメリカで仕事されています。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

CISCO認定テクニシャンの値打ちに関して

この資格は、業界では高く評判されています。しかし、同じ資格にも色んなジャンルありますので、CCNAを持っているからといって、どこだって通用できるわけではありません。

最近、 就活している大学生からの履歴書にCCNAを取得しているって記入する人が出てきたから、大学学校でも取れる資格かと思います。

むしろ、値打ちがあるのはその上位の資格です。

ただ、この資格には将来性はあると思います。最近では、大手電話会社の基幹ネットワークもすべてルータで構成される時代です。ルータ技術は汎用性のある、「つぶし」がきくテクノロジなんです。

これから、CISCO認定テクニシャン資格のジャンルがもっと多くなっていくでしょう。それに伴い、社会の認知度も上がり、いつか今の「初級シスアド」と同じふうに、誰も取りたがる資格になるのかも知れません。

CISCO認定テクニシャンの詳しい情報なら、こちらをクリックして下さい。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED