実務経験者のためのCCNA試験問題対策


実務経験者のためのCCNA試験問題対策
  「シスコエンジニア認定 CCNA(シスコ認定ネットワーク アソウシエイト)」はアメリカシスコ システムズ社製のネットワーク機器を操作するエンジニアのための認定資格です。しかし、ルーターやスイッチングなどの知識やスキルに関わる問題がたくさん出るので、ここ数年来ネットワークの知識や構築・管理・運用スキルを評価するための資格として世間の注目を集めています。実のところ、ネットワーク エンジニアである社員にCCNA資格取得を勧めるエンタープライズも増加しています。CCNAのテストは考査される知識やスキルは基礎的なレベルですが、現役のエンジニアだからこそ落としやすいユニークなわながあるといいます。ナガセPCスクールのインストラクターの小松章一さんに、それは何かを中心としたCCNAの傾向と対策を聞きました。

    

  CCNAは迅速な判断力と状況をコントロールする能力に優れたネットワークエンジニアの証し

  近頃、システムエンタープライズはシスコシステムズ社の資格を注目しています。なぜかというと、自社にいるネットワークエンジニアがこれらの資格を持っていることは、お客様に対するスキルの誇りになるからです。たとえ初歩的なレベルのテストであるCCNAだとしても、この点ついては変わりがありません。近頃では、ISDNやフレームリレーに関わる試験問題の出る傾向がなくなり、スイッチングテクノロジーやアクセスリストなどのフィルタスキル、およびNAT(ネットワーク アドレス トランスレーション)に関わる問題の出る傾向がずいぶん大きくなりました。       

  CCNAで気をつけてほしいところは、テストの時間を割り当てることです。CCNAは普通、並の問題では1分あたり1問程度で、模擬問題の場合は10〜15分間をかけて解決することが予定されています。しかし、問題を答えたあと、前の問題に戻れないので、簡単な問題から解くことができません。そのうえ、問題1つ1つの難しさも数年前と比較するとかなり上がっています。すなわち、CCNAを取得するには、それなりの知識とスキルが必要だけではなく、迅速な判断力と状況をコントロールする能力も求められています。だからこそ信頼の証明と判断されているのでしょう。        


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED