LPICレベル1試験に合格するためのポイント


LPICレベル1試験に合格するためのポイント
  近頃、LPICレベル1試験の内容は少し難しくなってきています。すなわち、地域社会に基づいて開発された問題がこのテストに併合されてきたということでしょう。一発でテストにパスするには、そのためのポイントを考えてみました。

  

  基礎をちゃんと把握する

  Linux/UNIXやネットワークの基礎をちゃんと把握しておくのは前提です。把握できていれば、レベル1テストにパスするのがあまり難しくありません。言うまでもなく、それは短期間で身につくものではありません。しかし、技術者として成長するためにも、基本的なスキルは非常に重要です。お薦めの本を挙げておきます。

  実機操作をする

  実際にLinuxを操作しながら学んだかとうかで、理解の程度ずいぶん異なってきます。ぜひ実機を使用し操作してください。Linux機械を持っていない人でも、現在ではCD-ROM起動のLinuxや、VMwareをはじめとする模倣ソフトウェアがたくさんあります。 ウィンドウズマシンにLinuxをのせて、とにかく指令を繰り返し打ってください。入力問題で点数が取れる率が迅速に増えます。

  最後まで徹底的に暗記する

  「すべて暗記するのは無用だ」のわけではありません。どんなテストでも暗記が必要なところがあります。LPICも簡単な暗記で得点できることは珍しくありません。普通では、もっと正確にもっと多く暗記すればするほど、点数も高く取れると考えています。しかし、徹底的に暗記していないと、テストの途中で「あれ?どっちだったっけ?」となって、むしろ悩みに陥ってしまいました。それに、また、LPICは入力問題が多いので、はっきり覚えないと点数が取れません。暗記するには、自分なりの範囲をまとめることが推薦します。私は小さなノートにポイントを書き写していつも持ち歩きましたが、作るには時間がかかったが、覚えやすいからです。

  参考書はすべての隅まで目を通す

  「まさかこんなところまで問われるとは」というようなささやかな点まで出題対象となっている場合があります。資格取得を確実にするには、参考書のすみずみの記述にも目を通し、徹底的に理解しましょう。

  テスト範囲をよく味わって読む

  Webで公開されているテスト範囲を必ず読んでください。次に「出題者の意図を読む」ためにも不可欠です。重要な指令や用語も選び出されていますので、それらに関してはよく理解できるようになりましょう。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED