mcseの取得について


mcseの取得について
 [mcseの取得ため受験前の準備]

 3週間で赤本を一回通読した後、

 あるWeb問題集を三周ぐらい読み直して解説をちゃんと覚えた。

 赤本によっても解答できない問題点をフォローした。  

 模擬対策は、Web問題集を参照して操作した。(VirtualPCに評価版のWindows2003をインストールしたことが必要)

 [テストの感想]

 六つの問題がWEB問題集に出てこなかったので、模擬を省略するのは駄目だ。

 受験記に注意された問題が出題されたので、今度の模擬操作がよく助けになった。     

 スキーマ(ドメインの構成4)

 原スキーマを アクティブ ではないような状態にして、新スキーマを明らかに提示するように設定して、スキーマ アドミンにメンバを加える。

 ・GPOの設定(group policyの編集)

 policyをuserのdesktop環境に沢山加える。

 ・サイトリンク(ドメインの構成3)

 会社の組織変わりによって、サイトリンクを正しく修正変更する。

 試験の時にいきなり取りかかるのは厳しいと思って、模擬操作は事前に一通り実行していけばいい。

 [受験者に対する建議]

 インフラストラクチャ、PDCエミュレータ、スキーマ、RIDマスタなど根本的な項目に追加して、group policy、信頼と優先ブリッジヘッドなどは図表をつけた設問も出題される。

 ただ丸暗記で挑戦するとドラッグ&ドロップの選択肢が弁別できない。

 OU、ドメイン、サイトなどまた他のさまざまな組み合わせを変更して行ったり、名称を変えるので、設問と文脈を読まなくてはいけない。

 うっかりミスを防ぐため、似たような設問に注意する必要がある。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED