MCP取得後の利点


MCP取得後の利点
  普通、高い敷居と見られているMCP試験が、取得した人々には多くの利点も利用されます。

  これから、MCP取得後の利点を紹介させていたします。  
  MCP受験をするつもり方は是非この利点を念頭に置いて努力してください。

  Microsoftの最新情報と技術情報が手に入られます。

  取得者だけ入られるMCPサイトのWebがありますので、Microsoftについての製品及び技術を迅速にアクセスできるようになります。
  現在、アメリカと日本の両方のWebにこういうMCPサイトがインストールされます。
  もちろん、アメリカのWebが英語表記で世界中の情報を得られます。一方、日本は日本語表記で主に色々なイベントやセミナーなどの情報が公開されています。

  MOTと同じで、MCPは様々なソフトウェアの割引販売の利用が可能です。
  年に数回しか実行されていないのがかなり不便ですけれども、お得な情報はやはり感じられます。

  MCPロゴの使用権利が取得できます。

  MCP資格に特別なロゴが提供されます。
  取得者がこのロゴを使用ガイドラインによって、範囲内に自由に使えます。
  このページでと言えば、ベース内で自己のHPを使用することも、個人所有のビジネスカードに貼り付けることなどができます。
  このロゴの使用/非使用は全て取得者のご自由です。必要に応じて使用することができますから。

  また、MCP 、MCSE一緒にビジネスカードに張る専用シールなどが有料でご利用できます。

  それに、MCPのロゴのほかに、証明するためのカードやピンなどを送れます。

  Microsoft主催のイベント/セミナーに招待されます。

  1つの利点は、最新情報を提供することが書かれていましたが、イベントなど優遇招待などのシステムが設置しています。
  技術的な訓練や、特別なイベントへの招待や、有料セミナーの割引など、あまりにも多くの方々を招くことがあります。
  しかし、近年ではMCPの取得者が多く過ぎることになりますので、取得した科目により、セミナーに招待されていない場合も増えてきました。 例えば、MCSE2000ラック・コア科目を取得した方しかキャンペーンの招待しませんとか。

  様々な資料が割引で販売されます。

  詳しいと言えば、MSDN ライブラリサブスクリプション 1年間の会費が半分割引されるとなります。また、Microsoft Press書籍の優遇販売も可能です。

  上述した利点だけではなく、いくつかのアプリケーションの割引販売がありますでしょう。

  どんな製品、どれぐらいディスカウントができますのは、時期に応じて異なりますが、恐らく多くの人々が思ったより安いと考えられると思います。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED