ccna 難易度上昇傾向?


ccna 難易度上昇傾向?
  CCNA試験は初回が失敗しましたが、二回目はやっと合格しました。ここで、試験の感想をちょっと書かせていただきます。

  初回試験の問題が大部分当たりましたが、二回目の試験は全然見たこともない問題や思ったより難易度の高い問題が大半で出てきましたので、相当手を焼きました。

  半分以上の問題はサブネット計算のあるVLANと全体のIPルーティングでした。アクセスリスト、WANとフレームリレーの問題は少ないでした。これらの問題がある程度の対策で回答できます。

  それに、CIDR,VLSMについての問題が2つか3つか設定されました。 

  二回目試験の模擬問題はRIPに関する簡単な設定が1問です。これは初回に受けた試験と同じで3つの質問が出てきました。   

  詳しいと言えば、暇つぶし問題の高難易度と言う本の問題、または、秀和システムの図解教本付属CD問題の更新ファイルで追加された問題が二回目試験の問題といくつかほとんど同一形式で出題されていました。

  下記はCCNA試験を受けるつもり方にいくつかのアドバイスが書いてあります。

  7月に入ると、こちらの受験記を見るだけでも、先月よりCCNAについての各問題の難易度が上昇傾向になってきた感じがします。  

  暇つぶし問題の高難易度と言う本を90%以上分からないと、かなり苦しいと思います。中・低レベル難度も同じです。 

  尚、上述した通り図解教本付属のCD問題の更新ファイルからの問題が出題された問題といくつか似ていましたから、この資料がある方はぜひ更新することをアドバイスします。   


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED