mcp 合格ライン


mcp 合格ライン
 MCP の 試験科目は、 Windows 操作システム、システム・アプリケーション、開発などについて広い分野を網羅しています。試験科目は 「 システムエンジニアトラック 」 、 「 データベースアドミニストレータトラック 」 、 「 ソリューションデベロッパートラック 」 という三つのグループに分けています。各種類にまだいろいろなレベルがあります。
 
 試験科目に単純に知識をテストする問題が少ない、実際に使用の中に、問題を解決する能力をテストする問題が多いです。まだ、前の試験に機能に関する問題が多いですが、 2003 年から始まる Windows Server 2003 の試験に質問は大体実際の使用の中に出てくる問題に関するものです。自分の仕事はシステムの運用または管理などの場合、合格するにはそんなに難しくないと思います。そして、もう停止した科目もありますから、ぜひ、最新の情報は公式 Web サイトに調べてください。

 問題数、合格基準、過去の問題についての情報などは公開されません。そして、サンプル問題も公開情報ではありません。50個の質問があれば、1000点が満点、合格ラインは650から750までですが、問題によって、合格点が違いますから、合格ラインは固定ではありません。テストが始まると、問題数と合格点などの情報は分かります。そして、テストが終わると、自分の点数は出てきます。すぐ合格であるかどうかは分かります。

 45 科目があります。その科目の中に、一つを合格したら、 MCP として認めますから、 MCP という資格は業内に認可度があまり高くないです。 複数の科目を組み合わせて合格して MCP の上級の資格を取るほうがいいと思います。たとえば、マイクロソフト認定システムエンジニア ( MCSE ,Microsoft Windows 2000 トラック ) という資格は下記の 7 科目を合格すれば取れます。クライアント OS 関連科目( 1 科目),ネットワークシステム関連科目( 3 科目),システム設計関連科目( 1 科目), Windows 2000 トラック( 2 科目選択)です。上級資格はマイクロソフト認定システムエンジニアの以外、マイクロソフト認定システムアドミニストレータ( MCSA ),マイクロソフト認定データベースアドミニストレータ( MCDBA ),マイクロソフト認定アプリケーションデベロッパー( MCAD ),マイクロソフト認定ソリューションデベロッパー( MCSD ),マイクロソフト認定トレーナー( MCT )があります。資格ごとに合格しなければならない科目は違います。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED