CCNA の学習方法と講習会の役割


CCNA の学習方法と講習会の役割
CCNA の学習方法は、主に[ 独学による学習 ] と [ 講習会による学習 ]二種類があります。独学は一般的なやり方です。大体のCCNAの受験者はその手段で合格します。講習会の場合、効率も効果もいいですが、会社からの支援がないと、推薦しません。

独学と講習会をすこし比較します。学習効率の面、講習会はずっといいです。学習効果の面にも、講習会のほうが優れています。但し、講習会を参加する場合、コストが高いですから、会社が支援しないと、困ります。やっぱり独学のほうが現実的な学習方法です。

自分で CCNA を勉強する場合、大体下記の学習アイテムを使います。それぞれを紹介します。その中から自分に相応しい勉強方法で試験を準備するのは一番重要です。そして、色々な学習アイテムがありますが、全部ではなく、自分に向いているいくつのアイテムで勉強するほうが効率よいです。

一、参考書です。お勧めます。周知なことですが、参考書は CCNA 学習方法の王道です。

二、問題集です。お勧めます。無料に問題集を提供するサイトがあります。 640-802J を受験する場合、無料のCCNAイーグルだけで十分です。

三、シミュレータです。お勧めません。 あくまでもシミュレータですから、実機と違う動きをしたり、正しいステータス情報をもらえないなどの問題があることから、個人的にはシミュレータをお勧めません。

四、実機です。お勧めます。実際の仕事でも実機を使います。新しい実機の値段が高いですから、中古機器をYahooオークションなどで入手するのが一般的です。実際にやってみて、知識に対する理解を高めます。

五、講習会です。お勧めません。ここでの講習会は個人でも負担できる講習会です。コストが高いですが、学習効率が一番いい勉強方法です。

まとめて言えば、[ 参考書+問題集+実機 ]の形は一番有効的な勉強方法だと思います。シミュレーターの場合、お金がかかるし、受験以外の場合、ほとんど使われません。その逆に実機の場合、安いし、他の用途もあります。シミュレーターより実機を薦めます。講習会のほうがある程度コストが高い、独学でダラダラと勉強してしまうような人に向いています。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED